ソフトカプセル

ホーム >> 健康食品 >> 受託製造品目 ソフトカプセルの保管条件

健康食品の一般的な保存・保管条件

 健康食品(ソフトカプセル、ハードカプセル、シームレスカプセル、錠剤、顆粒、ゼリー、ミニドリンク)は、特別なものを除き、通常は常温保存とされており、中味の成分、外観変化等の面からみても高温多湿、急激な温度変化を避け、一般の食品と同様、できるだけ安定・安全な保管条件で保管すべきです。一般的には次の条件が好ましいと言われています。

◎温度 30℃以下
◎湿度 RH60%以下
◎光
◎酸素(空気)

(車中、車のダッシュボード・トランク、カバンの中などは避ける)
(台所や水まわり、サビ・カビの発生しやすい場所は避ける)
(直射日光は避ける)
(開封後、外気に触れないように栓またはチャック等をしっかりしめる)


以下に保存・保管条件について詳しく記載します。

錠剤

(1) 錠剤の外観変化

 一般的に錠剤製品は、長期保存条件として常温(15~25℃)、相対湿度40~60%が好ましいとされております。ただし、冷蔵庫に出し入れすると、結露して湿気をおび、変色してしまう可能性があります。また、冷やすと変質してしまう可能性がありますので、冷蔵庫や冷凍庫での保管は避けて下さい。なお、素錠の場合は、保存可能な期限がカプセル剤と比較すると短いので注意して下さい。

① 素錠 素錠は、外気、外部圧力の影響を受けやすく、湿度の高いところで保管すると湿気て変色したり、強い衝撃(輸送時の振動等)が加わると粉落ちや欠けが生じやすくなります。
img05
② コーティング錠 コーティングの素材により条件は異なりますが、高温下で長時間保管した場合コーティング層が溶け、錠剤同士が付着する可能性があります。
img06
③ 糖衣錠 糖衣錠は外部からの強い衝撃または過乾燥下で長期間保管されますと、表面が割れる場合があります。また、高湿度の場所で保管された場合も、錠剤が膨張しクラック(割れ)が発生することがあります。

(2) 錠剤の配合成分の安定性

 錠剤の配合成分の安定性は、成分によって異なります。吸湿性が高い成分、酸化されやすい成分を配合した錠剤は、コーティング錠が適しています。また、味のマスキングには弊社オリジナル製剤『タブラート®』糖衣錠が適しています。

(3) 錠剤の保存・保管条件のまとめ

 上述のように、錠剤製品の保存条件としては他の製剤と同様、常温(15~25℃)、相対湿度40~60%が好ましく、高温多湿または低温低湿の条件はできるだけ避けていただきますようお願い申し上げます。


健康食品の一般的な保存・保管条件

 健康食品(ソフトカプセル、ハードカプセル、シームレスカプセル、錠剤、顆粒、ゼリー、ミニドリンク)は、特別なものを除き、通常は常温保存とされており、中味の成分、外観変化等の面からみても高温多湿、急激な温度変化を避け、一般の食品と同様、できるだけ安定・安全な保管条件で保管すべきです。一般的には次の条件が好ましいと言われています。

◎温度 30℃以下
◎湿度 RH60%以下
◎光
◎酸素(空気)

(車中、車のダッシュボード・トランク、カバンの中などは避ける)
(台所や水まわり、サビ・カビの発生しやすい場所は避ける)
(直射日光は避ける)
(開封後、外気に触れないように栓またはチャック等をしっかりしめる)


以下に保存・保管条件について詳しく記載します。

顆粒

(1) 顆粒の外観変化

 一般的に顆粒製品は、長期保存条件として常温(15~25℃)、相対湿度40~60%が好ましいとされております。ただし、不適切な保管条件、外部からの衝撃等で、以下に例示しますように外観的な変化が起こる可能性があります。

① 通常顆粒が包装されるアルミ分包は、酸素や光、水分を透過しないため、長期間安定ですが、アルミ分包に穴があいたり傷がついたりすると、その部分から空気中の酸素や水分が浸入し、中身の顆粒が変質してしまいます。

② 顆粒を外気が触れた開封状態で保管されますと、成分によっては空気中の水分を吸い、べたついたり、固まるものがあります。

③ 顆粒はその構造上、外部からの振動や衝撃で顆粒の一部が砕け粉末になることがあります。

(2) 顆粒の安定性

 顆粒の内容成分の安定性は成分によって異なりますが、湿度の影響を顕著に受けやすいため、吸湿性の高い成分の配合には注意が必要です。ただし、アルミ分包のような包装形態では内容物は安定です。

(3) 顆粒の保存・保管条件のまとめ

 上述のように、錠剤製品の保存条件としては他の製剤と同様、常温(15~25℃)、相対湿度40~60%が好ましく、高温多湿または低温低湿の条件はできるだけ避けていただきますようお願い申し上げます。
 容器包装の場合は、外気に触れないよう使用後しっかり密栓し、分包品は分包に傷がつかないよう取り扱いにはご注意ください。


健康食品の一般的な保存・保管条件

 健康食品(ソフトカプセル、ハードカプセル、シームレスカプセル、錠剤、顆粒、ゼリー、ミニドリンク)は、特別なものを除き、通常は常温保存とされており、中味の成分、外観変化等の面からみても高温多湿、急激な温度変化を避け、一般の食品と同様、できるだけ安定・安全な保管条件で保管すべきです。一般的には次の条件が好ましいと言われています。

◎温度 30℃以下
◎湿度 RH60%以下
◎光
◎酸素(空気)

(車中、車のダッシュボード・トランク、カバンの中などは避ける)
(台所や水まわり、サビ・カビの発生しやすい場所は避ける)
(直射日光は避ける)
(開封後、外気に触れないように栓またはチャック等をしっかりしめる)


以下に保存・保管条件について詳しく記載します。

ソフトカプセル

(1) ソフトカプセルの外観変化

 一般的にソフトカプセル製品は、長期保存条件として常温(15~25℃)、相対湿度40~60%が好ましいとされております。これ以外の条件下では、以下に例示しますように、カプセルの付着・カプセルの変形・カプセル内容物の分離等の外観的な変化が起こる可能性があります。

① 製品によっては40℃、1週間でカプセル同士の付着が見られることがあり、一般的に期間経過とともにこの傾向は強くなりますが、通常は40℃で3ヵ月間は安定です。

50℃数時間でカプセル同士の付着が始まり、60℃ではカプセル表面が融けてブロック状となり、カプセル内容物中の粉末成分が沈降し、外観上2層に分かれる(分離する)ことがあります。

img01カプセル同士の付着 img02内容物の分離 img03変形

③ 15℃以下ではカプセルは硬くなります。低温(15℃以下)で長期保存(2~3ヵ月以上)するとカプセルがかなり硬くなりますが、通常は問題ありません。しかしながら、この状態で外部から強い衝撃が加わりますとカプセルが割れることがあります。

④ 急激な温度低下(4℃以下、冷蔵庫、冬季の屋外)を受けますとカプセル内部に気泡が発生する場合があります。これは急激な温度変化に伴い、カプセル内容物の体積が収縮するためです。ただし、室温で1~2日放置すると通常この気泡は消失します。

高温多湿(30℃・湿度60%以上)の外気条件下で、カプセルをむき出し状態で放置しますと、1~2日でカプセルが軟化し、付着、変形等が認められます。

⑥ 品質には問題ございませんが、肝油などの油性原料の場合、低温下の影響を受けると白濁することがあります。

⑦ 太陽光(紫外線)にあたると、変色(退色)することがあります。

⑧ カプセル皮膜にキシリトールなどの糖質が含まれるソフトカプセルの場合、ソフトカプセル表面の乾燥が進んだり、ソフトカプセル表面を刺激する(擦る)と糖質の結晶が析出するため、ソフトカプセル表面に白い粉がふくことがあります。

以上は外観変化であり、ソフトカプセルの内容物、有効成分の変化ではありません。

(2) ソフトカプセル内容物の安定性

 ソフトカプセル内容物成分の安定性は、成分によって異なります。
たとえば、常温(15~25℃)、相対湿度40~60%の条件下で、ビタミンEは5年以上、β-カロチンでは3年以上安定です。

(3) ソフトカプセルの保存・保管条件のまとめ

 上述のように、ソフトカプセル製品の保存条件としては、常温(15~25℃)、相対湿度40~60%が好ましく、高温多湿または低温低湿の条件はできるだけ避けていただきますようお願い申し上げます。
 また、瓶詰め等の最終包装時に、乾燥剤(皮膜総重量15gに対して1gの乾燥剤 が標準)、活性炭、脱酸素剤等をご利用いただきますと、内容成分の新鮮度、安定性に関しては優れた製品形態となります。
 それでもなお付着・変形等が懸念される場合、幣社では"W-ジェル"や"E-カプセル"という名称で、耐熱・耐湿性カプセルや腸溶性カプセルを開発しております。また、"V-カプセル"という名称で植物性カプセルを開発しており、こちらも耐熱性・耐付着性に優れたカプセルとなりますので、お問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。


健康食品の一般的な保存・保管条件

 健康食品(ソフトカプセル、ハードカプセル、シームレスカプセル、錠剤、顆粒、ゼリー、ミニドリンク)は、特別なものを除き、通常は常温保存とされており、中味の成分、外観変化等の面からみても高温多湿、急激な温度変化を避け、一般の食品と同様、できるだけ安定・安全な保管条件で保管すべきです。一般的には次の条件が好ましいと言われています。

◎温度 30℃以下
◎湿度 RH60%以下
◎光
◎酸素(空気)

(車中、車のダッシュボード・トランク、カバンの中などは避ける)
(台所や水まわり、サビ・カビの発生しやすい場所は避ける)
(直射日光は避ける)
(開封後、外気に触れないように栓またはチャック等をしっかりしめる)


以下に保存・保管条件について詳しく記載します。

シームレスカプセル

(1) シームレスカプセルの外観変化

 一般的にシームレスカプセル製品は、長期保存条件として常温(15~25℃)、相対湿度40~60%が好ましいとされております。これ以外の条件下または不適な保管をされますと、乾燥タイプと生(なま)タイプそれぞれ以下に例示しますように、外観的な変化が起こる可能性があります。

① 乾燥タイプ

1) 高温多湿や急激な温度変化によりカプセル同士がくっついたり、凹みや気泡が発生したりする場合があります。

2) シームレスカプセルは湿気の影響を受けますので、濡れた手で触れたカプセルを包装内に戻したり、水滴などを誤って包装内に入れてしまうと、軟化したり、皮膜が溶け内容物が漏れ出す可能性があります。

3) シームレスカプセルは膜厚をある程度任意に設定できますが、膜厚が薄くなるほど圧力の影響を受けやすくなり、変形や割れをおこしやすくなります。

② 生(なま)タイプ

1) 生(なま)タイプのシームレスカプセルは、最適な保存液に浸してありますが、高温下に放置しますと、変質しやすくなります。

2) 保存液からカプセルを取り出し、長時間外気にさらされた開放状態にしますと、カプセルが変形する場合があります。

(2) シームレスカプセル内容物の安定性

 シームレスカプセル内容物成分の安定性は、処方によって異なります。皮膜が打ち抜き式ソフトカプセルより薄いため、安定性は打ち抜き式ソフトカプセルに比べて若干落ちる場合があります。

(3) シームレスカプセルの保存・保管条件のまとめ

 上述のように、シームレスカプセル製品の保存条件としてはソフトカプセル製品と同様、常温(15~25℃)、相対湿度40~60%が好ましく、高温多湿または低温低湿の条件はできるだけ避けていただきますようお願い申し上げます。
 また、変形、割れの原因になりますので、外部からの圧力がかからないよう保管をお願い致します。生タイプについては開封後の菌汚染にもご注意ください。
 口中清涼剤等、溶けやすい(速放出性)製剤をご希望の方は、弊社では"S-カプセル"という名称で超速溶性カプセルを開発しておりますので、お問合せ下さいますようお願い申し上げます。


健康食品の一般的な保存・保管条件

 健康食品(ソフトカプセル、ハードカプセル、シームレスカプセル、錠剤、顆粒、ゼリー、ミニドリンク)は、特別なものを除き、通常は常温保存とされており、中味の成分、外観変化等の面からみても高温多湿、急激な温度変化を避け、一般の食品と同様、できるだけ安定・安全な保管条件で保管すべきです。一般的には次の条件が好ましいと言われています。

◎温度 30℃以下
◎湿度 RH60%以下
◎光
◎酸素(空気)

(車中、車のダッシュボード・トランク、カバンの中などは避ける)
(台所や水まわり、サビ・カビの発生しやすい場所は避ける)
(直射日光は避ける)
(開封後、外気に触れないように栓またはチャック等をしっかりしめる)


以下に保存・保管条件について詳しく記載します。

ハードカプセル

(1) ハードカプセルの外観変化

 一般的にハードカプセル製品は、長期保存条件として常温(15~25℃)、相対湿度40~60%が好ましいとされております。これ以外の条件下および外部からの強い衝撃では、以下に例示しますように、カプセルの付着・カプセルの変形等の外観的な変化が起こる可能性があります。

① 長期間(1ヶ月以上)冷蔵庫や冷凍庫で保管しますとカプセルが割れやすくなります。

ゼラチン製ハードカプセルは、ゼラチンの特性上、熱・湿気に弱い性質があり、高温多湿の外気条件下でカプセルをむき出し状態で放置しますと、カプセルが軟化し、付着・変形等が認められます。

③ 水分が付着しますとカプセル皮膜が溶けて、付着・変形してしまいます。

④ ハードカプセルの皮膜は薄いため、外部から強い衝撃を受けると割れてしまう可能性があります。特にプルランハードカプセルの場合は、ゼラチン製のハードカプセルより衝撃に弱い傾向があります。

img01

HPMCハードカプセルは比較的皮膜強度が強いとされていますが、やはり皮膜が薄いため外部からの強い衝撃には弱い傾向があります。また、皮膜が軟らかいため外圧が加わると凹むことがあります。

⑥ ハードカプセルの中味は、振動が加わりタッピングされると、粉(カプセル内容粉末)がつまり(圧縮され)、外観上、量(体積)が減ったように見えることがありますが、充填量(重量)には問題ございません。

(2) ハードカプセル内容物の安定性

 ハードカプセル内容物成分の安定性は、成分によって異なります。ハードカプセルはボディとキャップからなり、嵌(かん)合部があるため完全密封ではなく、安定性はソフトカプセルに比べ若干落ちます。

(3) ハードカプセルの保存・保管条件のまとめ

 上述のように、ハードカプセル製品の保存条件としては、常温(15~25℃)、相対湿度40~60%が好ましく、高温多湿または低温低湿の条件はできるだけ避けていただきますようお願い申し上げます。
 また、ハードカプセルはソフトカプセルにくらべて皮膜が薄く凹みやすいため、外部からの強い衝撃には十分ご注意ください。
 ハードカプセルの内容物の多くは粉末ですが、液体(油液)を充填することもできます。弊社では、液体を充填し嵌合部をシールした"B-カプセル"のご案内ができ、B-カプセルは通常のハードカプセルに比べて密閉性に優れているため、強臭素材の製品化にも適していますので、お問合せ下さいますようお願い申し上げます。


健康食品の一般的な保存・保管条件

 健康食品(ソフトカプセル、ハードカプセル、シームレスカプセル、錠剤、顆粒、ゼリー、ミニドリンク)は、特別なものを除き、通常は常温保存とされており、中味の成分、外観変化等の面からみても高温多湿、急激な温度変化を避け、一般の食品と同様、できるだけ安定・安全な保管条件で保管すべきです。一般的には次の条件が好ましいと言われています。

◎温度 30℃以下
◎湿度 RH60%以下
◎光
◎酸素(空気)

(車中、車のダッシュボード・トランク、カバンの中などは避ける)
(台所や水まわり、サビ・カビの発生しやすい場所は避ける)
(直射日光は避ける)
(開封後、外気に触れないように栓またはチャック等をしっかりしめる)


以下に保存・保管条件について詳しく記載します。

受託製造OEMお問い合わせボタン