ハードカプセル

ホーム >> 健康食品 >> 受託製造品目 ハードカプセルQ&A

ハードカプセルQ&A

Q1.ハードカプセルってなんですか?

A.ハードカプセルは19世紀半頃イギリスのMurdockによって発明され、のちにアメリカのHubelによって今日の形に改良されたもので、多くの場合、粉末、顆粒、錠剤などをそのままカプセル殻に入れキャップを施した安定性の高い製品形態です。
ハードカプセルはキャップ(cap)とボディ(body)からなるため、two-piece hard capsuleと記されることもあり、多くのハードカプセルではキャップとボディの結合を強固にするために、両者に溝などの凹凸によるロック機構が施されています。
そのまま食べられる利便性、取り扱いやすさ、美しさや印刷の容易さなどによる高付加価値感等が評価され、医薬品はもとより医薬部外品・動物薬・農薬・健康食品・一般加工食品・雑貨など多種・多様な分野で広く使われております。さらに、近年、固体素材だけでなく、油性液体を封入する技術も開発され、ハードカプセルの応用はますます拡がっています。

Q2.なぜハードカプセルなのですか?

A.ハードカプセルは粉末や顆粒などを充填し、そのまま摂取できる製品形態で、利便性に優れています。また、添加物を少なくできるので、主成分の配合率を高くすることができます。
製造工程に加熱・加圧・乾燥工程が必要ないため、中味が製造工程で劣化することがありません。また、製造工程が少ないことで納期を短くすることができます。
このようにハードカプセルもソフトカプセルと同様、食品成分をできるだけ新鮮な状態でお客様にお届けでき、健康食品にもっとも適した製品形態です。

Q3.ハードカプセルの保管や取り扱いの注意はありますか?

A.ハードカプセルを使用した製品は高温多湿を避け、直射日光の当たらない所に保管し、開封後は早めにお召し上がりください。また、特にお子様、お年寄りの方はのどにつまらせないよう充分の量の水、またはお湯と一緒にゆっくりお飲みください。
ゼラチンを使用したハードカプセルはゼラチンの特性上、高温・多湿の所に保管しますと皮膜が柔らかくなったり、くっついたりしますので、室温(21℃~25℃)、相対湿度35~50%で保管してください。また、過乾燥されたり、過冷却されると割れやすくなるので、長期間(1ヶ月以上)の冷蔵庫(5℃~10℃)、冷凍庫(-0℃以下)での保管は避けてください。
また、ハードカプセルの皮膜は薄いため、外部から強い衝撃を受けると割れてしまう可能性がありますので、取り扱いには、注意してください。特にプルランカプセルの場合は、ゼラチン使用のハードカプセルより衝撃に弱い傾向があります。プルランカプセルを使用した場合は、輸送時、緩衝材を入れる、段積みをさけるなどの注意をしてください。

Q4.カプセルの色が前回の商品と少し違う気がしますが?

A.透明なカプセルの場合だけでなく、ハードカプセルの皮膜は薄いため、中味の色が透けて見える場合があります。カプセルの中味成分は主として動植物由来の天然の原料で、着色料を使って色調を調整することはしません。したがって、時期的に色が若干変わることがあり、前回の商品と僅かに違うように見える場合があります。しかし、このようなカプセルの色の僅かな違いは成分・品質とは関係ありませんのでご了承ください。

Q5.カプセルの中味に隙間があるように見えますが?

A.ハードカプセルは充填機を用いて、ボディに所定量の内容物を充填した後、キャップをしてロックします。その際、キャップの上部に隙間が生じることがあります。また、内容物が振動によって偏り、隙間が生じることもありますが、中味の重量は所定重量になるよう管理していますので、ご了承ください。

Q6.前回購入したハードカプセルより、中味が少なくなっているように見えますが?

A.ハードカプセルの中味の粉末は、加工する時期や条件等の違いにより、カサ密度が製造ごとに変動します。中味のカサ密度が変わってしまうと見た目に少なくなってしまう場合がございますが、中味の重量は、所定重量になるよう管理していますのでご安心下さい。

Q7.中味の臭いが気になるものがありますが?

A.ハードカプセルは、キャップとボディを結合させている為、どうしてもキャップとボディの結合部に微視的な隙間がうまれてしまい、中味の臭いが漏れてしまう場合があります。しかし、中味は、食品ですので、食しても問題はありませんので、ご安心下さい。どうしても臭いが気になる場合には、ボディとキャップにバンドシールを施す弊社開発品“B-カプセル”にする事により、中味の臭いをマスキングすることが可能です。

上記の記載内容は、各種書籍、文献情報、弊社の研究報告・経験等をもとに作成した一般的な情報であり、製品によって異なる場合もありますので、具体的な事例につきましては、弊社営業部にお問合せ下さる様お願い申し上げます。

受託製造OEMお問い合わせボタン