受託製造の流れ

ホーム >> 健康食品 >> 受託製造の流れ

受託製造の流れ

弊社の受託製造の流れについてご説明いたします。

1.お客様との打ち合わせ

製品設計にあたってはお客様のご要望をしっかりと反映し、ご満足いただける製品づくりをモットーとしています。お客様がお持ちのアイデアや現行品の悩み等、何でもご相談下さい。


2.製品の企画・提案

市場や原料・製品情報を調査し、お客様のニーズにあった製品コンセプト、製品形態、処方等を設定しご提案させていただきます。


3.原料の開発・選定

製品に配合する機能性の高い原料の紹介、場合によっては契約農場での栽培や、抽出・濃縮・発酵技術を用いて、高機能かつオリジナリティの高い原料開発から承らせていただくこともできます。


4.製品開発

試作を実施することで、最終的な製品仕様の決定、コストの算出、安定性の確認などをすることができます。また試作品をお客様ご自身でお試しいただき、市場性を確認していただくこともできます。


5.本生産

医薬品・健康補助食品のGMP基準に適合した工場で、徹底した衛生・品質管理のもと、お客様の製品を製造いたします。


6.出荷判定

製品試験を経た製品について、安心で安全な製品のみをお客様の元にお届けするために、管理者が厳正な出荷判定を行い、合格した製品のみが出荷準備に入ります。


7.ロジスティクス業務

出荷判定に合格して出荷準備が整った製品は、お客様が必要な時に、必要な量を、必要な場所に的確にお届けいたします。


受託製造OEMお問い合わせボタン