健康食品

ホーム >> 健康食品 >> カプセル・錠剤の応用例

カプセル・錠剤の応用例

カプセルにはいろいろな種類があり、健康食品、一般食品など、様々な用途に使われています。このページでは、カプセルの様々な種類や用途についてご紹介致します。
他にも、お客さまの発想次第で様々な利用法が考えられます。商品開発の際にぜひご検討下さい。

いろいろな種類のカプセル

口臭を予防するソフトカプセル

口臭が気になるときに飲むと、気になる臭いの素を消し去ります。かまずに飲み込むタイプは、胃の中でカプセルが溶け、気になる臭いの素を消し去ります。右のカプセルは直径1cmに満たないとても小さなカプセルで、口中で溶かして口の中をすっきりさせます。


フレーバーカプセル

香りを楽しんだり、食品に風味を付与する精油を安定的に供給する製品形態としては、カプセルが最適です。
例えば、タバコのフィルター部に入れ、喫煙時につぶして使えば清涼感など今までにない風味を付与することが出来ます。
喫煙時の口臭予防にも効果的です。

タバコ以外の応用例としては、以下があります。

・室内芳香剤
・におい袋
・フレーバーガム


受託開発製造OEMお問い合わせボタン