健康食品の素材

ホーム >> 学術情報 >> 健康食品の素材

健康食品の素材

胃腸を元気にして、口に広がるさわやかな香り

 align="left"alt=""title=""



健胃・整腸のための精油

現代医学が発達する前、人は植物の薬効に頼って病を克服していました。男性、女性、子供、老人を問わず、人間を襲うどんな不具合にも、何かしらハーブ療法があったものです。ごく身近な症状に効果のある、家庭でも用意できるハーブの中には、健胃・整腸のためによいとわれているハーブがあります。ペパーミントもそのようなハーブの一つです。

●胃のいろいろな不調を癒し、健やかにする作用
●腸内にたまったガスを排出させる作用
●消化を助ける作用
●吐気を抑える作用

ペパーミントオイル

ペパーミント(西洋ハッカ)は、消化を助ける、美味しいハーブです。

●腹痛や胃痛に効果がある
●おならが出やすくなる
●消化を助ける
●偏頭痛に伴うむかつきを解消する
●不眠を解消する

過敏性大腸症候群

 hspace="0"alt=""title=""
大腸の働きは、自律神経でコントロールされていますが、過度のストレスがかかるとこの神経のバランスがくずれ、腹痛・腹部膨満感、下痢・便秘などの症状が おこります。このような症状は一般的に過敏性大腸症候群と呼ばれ、緊張などのストレスにより症状がさらに悪化することが多いのです。

 align="absMiddle"alt=""title=""


過敏性大腸症候群への有効性

ペパーミントオイルは腸の筋肉をリラックスさせることが知られていますが、数々の臨床試験でも、過敏性大腸症候群への有効性が報告されています。

文献

●腸溶性のペパーミント油カプセルは小児の過敏性腸症候群の症状を改善する
●過敏性大腸症候群のためのペパーミント油
●腸溶性ペパーミント油カプセルを用いた過敏性大腸症候群の治療
●非潰瘍消化不良におけるペパーミント油とキャラウェーの効能。
●ネズミの小腸中の吸収と分泌のプロセスにおけるペパーミント油の影響


腸溶性カプセル            

食品用腸溶性カプセル<<E?カプセル>>を使用すれば、ペパーミントオイルは胃で消化されずに小腸まで達します。そこは、過敏性大腸症候群への効果を引き出すには最適な場所です。


参考図書・文献

1.金子実里著「腸をきれいにする本」 法研
2.アール・ミンデル著「ハーブサプリバイブル」 ネコ・パブリッシング/角川書店
3.ワンダー・セラー著「アロマテラピーのための84の精油」 フレグランスジャーナル社