健康食品の素材

ホーム >> 学術情報 >> 健康食品の素材

健康食品の素材

 title=""alt=""

【アスタキサンチンの歴史】
    1938 年、リヒャルト・クーンらにより発見されたカロテノイド色素の一種である。

 title=""alt=""
    カロテノイドは二重結合を多く含むため、抗酸化作用が大きい。
    カロテノイドはカロテンとキサントフィルに分類される。

      カロテン
         ・α - θカロテン
         ・リコペン        トマト、柿、グミなどに多量に含有
      キサントフィル
         ・ルテイン       黄緑色野菜、果物、マリーゴールド、網膜や乳房、子宮
         ・ゼアキサンチン   トウモロコシ種子、卵黄、パプリカ
         ・フコキサンチン   褐藻(コンブ、ワカメなど)
         ・アスタキサンチン  甲殻類(エビ、カニ)真鯛、サケ科
         ・カンタキサンチン  食用きのこ(Cantharellus cinnabarinus)から発見、甲殻類やサケ科の魚にも含有される。
                                                          高い抗酸化作用。


【自然界で見られるアスタキサンチン】
 title=""alt="" 川を遡上するサケの生命、体力、持久力を守るのがアスタキサンチン。川の
浅瀬を長時間、命をかけて遡上するサケは紫外線をまともに浴びてしまう。
その紫外線の害からサケを守るのがアスタキサンチンというサケの赤い色素
である。
 title=""alt="" フラミンゴのピンク色はアスタキサンチンがカンタキサンチンに転換した色!!
 title=""alt="" 自然界での甲殻類は体内でアスタキサンチンとタンパクが結合しているため
青灰色を呈するが、茹でるとアスタキサンチンが遊離して本来の赤色を呈する。



【アスタキサンチンの重要性】   
   アスタキサンチンは高等植物では自身で合成出来るが、動物は食物から摂取する必要がある!!!
   アスタキサンチンはカロチンの中でも高い抗酸化力を持ち、紫外線や脂質過酸化から生体を防御していると考えられ
       ている。抗酸化剤として知られているビタミンE の100-1000 倍の強い抗酸化力を示すことが報告されている 
                                   ・・・・W.Miki:Biological function and activities of animal carotenoids, Pure&Appl.Chem.,63,141-146

 title=""alt=""

 title=""alt=""


            ■アスタキサンチンの抗酸化作用の特徴
               特に毒性の強い一重項酸素消去作用、過酸化脂質抑制作用が強いと言われる。

            ■アスタキサンチンを含有する天然資源
               ・アメリカザリガニ     0.1-0.3mg/100g
               ・サケ            1 - 2mg/100g
               ・オキアミ          3 - 4mg/100g
               ・ヘマトコッカス藻類    2000-6000mg/100g