カプセル文献集

ホーム >> 学術情報 >> 自社文献集

自社文献集

出典:食品と開発 vol.23 No.2 1988

詳しい資料・説明をご希望の方は、弊社営業部までお気軽にお問い合わせ下さい。

【要約】
カプセル本来の意味は「小さい箱」と言われている。
一般には、うすい膜でつつまれた球状の比較的小さな容器のイメージがあり、食品においては、ソフトカプセルやマイクロカプセルが使われている。
今回紹介するソフトカプセルは、1833年、フランスのMothesらによって発明された剤形・製品形態である。ソフトカプセルは、ゼラチンを基剤とする皮膜内に油液を封入したもので、主として、医薬品の分野で、肝油、ビタミンA、ビタミンEなどの薬剤に古くから使われてきた。
昭和55年頃から始まる天然ビタミンE等の健康食品ブームで、食品の分野にも利用されるようになってはきたが、食品の形態としては依然として非常にまれな形態である。
しかし、ソフトカプセルを機能的に定義すれば、「油液類等の液体を封入した可食性の気密包装容器」ということになり、1回量を正確に食用天然物製の容器ごと食べられる、使える、という特長はむしろそのまま食品に応用できるものである。
また、今回開発された耐水性カプセルは水に溶けないため、飲料、プリン、ゼリー、流動性食品にも配合でき、耐熱性も高い。
お湯に易溶性の従来のカプセルとあわせて、使用目的によって各ソフトカプセルを選択、調製することができ、食品への応用範囲は飛躍的に拡大すると思われるので、これらを中心にソフトカプセルを紹介する。


 border="0"title="写真1"alt="写真1"
写真1 ソフトカプセルの種類

 

         内容液
 border="0"align="top"title="カプセル図"style="width: 95px; height: 95px;"alt="カプセル図" 膜基剤


〔複合カプセル〕
 border="0"title="カプセル図"style="width: 70px; height: 68px;"alt="カプセル図"  
 〔膜基剤のみの単一球〕
図2 特殊なカプセル


内容物                                                               
 
 border="0"title="ソフトカプセル図"alt="ソフトカプセル図"
水溶性成分A


油溶性成分B


成分A           
 
皮膜                                    
 border="0"title="ソフトカプセル図"alt="ソフトカプセル図" 成分B



 
図3 混在すると変化しやすい成分の
ソフトカプセルによる個別配合例


 border="0"title="写真2"alt="写真2"  border="0"title="写真3"style="width: 183px; height: 153px;"alt="写真3"  border="0"title="写真4"style="width: 124px; height: 149px;"alt="写真4"
写真2 市販のカプセル
配合食品
写真3 カプセル配合プリン、
ゼリー
写真4 カプセル配合
ジュース


 border="0"title="写真5"alt="写真5"  border="0"title="写真6"alt="写真6"  border="0"title="写真7"alt="写真7"
写真5 カプセル配合
ドレッシングおよび
紅白のカプセル粒
写真6 ラーメン用・
ごま油・

バターオイル調味料
写真7 パンミックス粉用
バターカプセル調味料


 border="0"title="写真8"alt="写真8"  border="0"title="写真9"alt="写真9"
写真8 コピー食品
(キャビア)
写真9 アイスクリーム用
カプセル


 border="0"title="写真10"alt="写真10"  border="0"title="写真11"alt="写真11"  border="0"title="写真12"alt="写真12"
写真10 50%アルコール
水溶液含有糖衣カプセル
写真11 咀嚼性カプセル 写真12 3mmφ
口中清涼菓


表2 ソ フ ト カ プ セ ル の 用 途
1.カプセル製品
1)風味強化調味料
バターオイル、ラー油、ワサビオイル、ごま油等のカプセル調味料
(卓上容器タイプ、又は業務用)
2)口中清涼菓
口中ですみやかに溶け、内容物を放出するタイプ
口中で咀嚼するガムタイプ
3)非常食、携帯食、宇宙食
必須栄養素(ビタミン、ミネラル)を配合したカプセル食
4)ゼラチン、カンテン、カラギーナンをベースとした球状の新食品素材
カンテンダンゴ、球状カンテンゼリー
珍味
5)コピー食品
キャビア
6)健康食品、機能性食品
ビタミンE、レシチンなどの健康食品
顆粒カプセル、コーティングカプセルは従来のソフトカプセルとは外観、
大きさが明らかに異なるので、医薬品的イメージを与えない。
(いわゆる医薬品的剤形ではない)
2.カプセルバルク(食品配合用)
1)即席食品類への調味油カプセル
2)トッピング、チョッピング用顆粒カプセル
3)キャンディ、ガム、チョコレート配合用フレーバーカプセル
4)ゼリー、プリン、ヨーグルト、飲料等への配合用香味栄養カプセル
5)栄養強化カプセル(食品添加物などビタミンEの顆粒カプセル他)
6)食感改良用カプセル、又はカンテン粒




 border="0"title="カプセル図"style="width: 119px; height: 114px;"alt="カプセル図" ゼラチン膜

50%アルコール水

チョコレート
 border="0"title="カプセル図"style="width: 169px; height: 125px;"alt="カプセル図"
ビタミンAカプセル


ビタミンC顆粒
アルミパック

図4 アルコール含有カプセル 図5 配合禁忌成分ビタミンAと
Cの混合食品




 border="0"title="カプセル図"style="width: 87px; height: 82px;"alt="カプセル図" 油溶性ビタミン

水溶性ビタミン

ミネラルコーティング
図6  1日に必要な栄養素のうち、
ビタミン、ミネラルを1剤に
配合した非常食、保存食、携帯食


 border="0"title="写真13"alt="写真13"  border="0"title="写真14"style="width: 159px; height: 169px;"alt="写真14"
写真13 カンテンダイエットダンゴ
『伊那食品工業(株)試作品』
写真14 カプセル食 
(非常・携帯食品)


受託製造OEMお問い合わせボタン